えすのおと

15歳の現役高校生 “えす” のブログ。

ふと思ったこと。

自分の中でふと湧き上がった気持ちを綴った記事をまとめたカテゴリー。

【私小説】相変わらず見えない未来。

高校生 “えす” の私小説 Episode2。またいつものように、ベッドの上でぼんやりとした天井を眺めていたとき。頭の中を延々と流れていた気持ちを、小説風に仕立てて文章化しました。相変わらず私には、未来が見えないのです。

プロブロガーの言う「TVは不必要」という発言に対してアホかよと思っていたがあながち間違っていなかったって話。

やぎぺー氏やイケハヤ尊師を始めとしたプロブロガーがよく言う「TVは不必要」という発言に対しての個人的な見解を述べてみました。今の時代において、TVは不必要か否か。皆さんはどうお考えでしょうか。

【私小説】たまに、生きている意味が分からなくなる。

今日の深夜。部屋のベッドに寝転がり、天井を眺めながら延々と考えていた。“なんで、私は生きているんだろう”と。その空虚の中の気持ちを、心情を、小説風に仕立てて文章に映し出してみました。

やっぱりもう、学校は無理かもしれない。

今日、1週間ぶりに学校へ行ったのですが、そこで突然心に穴が空いてしまったような感覚になり、空っぽになってしまい、泣きそうになって、もう学校に行ける自信がなくなってしまったので、自身の気持ちの整理と切り替えの意味も込めて全てを文字に起こしまし…

私と、会ってくれませんか?

基本的に人が好きじゃない私ですが、このブログしか居場所がなくなった今、ふとお世話になっているブログ界隈の方々に会いたいと、全員と会ってみたいと、そんな欲求、衝動が湧き出したのでその気持ちを綴りました。

ナルシストになりたいんよ。

単刀直入に言いますと、私、ナルシストになりたいんです。笑

人生における成功とは何なのか。

とあるツイートを見て思ったこと。人生における成功って何なのだろう。良い大学に行って良い会社に入る。それが人生の成功なのか。答えが分からない。分かれない。

【新舞子ビーチフェスティバル】 花火を見て感じたこの日本に生きている事のありがたみ。

一昨日2017年8月26日に、愛知県知多市にある新舞子マリンパーク ブルーサンビーチで行なわれた『新舞子ビーチフェスティバル』に行き花火を見て感じたこの日本に生きていることの幸せさ・ありがたみを、撮影した花火の写真とともに紹介しています。

クレイジーな挑戦を見事に成し遂げた大学生はてなブロガー “ともっち”!! -やっぱ人ってのは、頑張ってるヤツを応援したくなる生き物なんやな-

2017年8月17日。とんでもなくクレイジーで過酷で無謀な挑戦をしていた1人の大学生はてなブロガーがいた。その名は“ともっち”。今回は「24時間、道を真っ直ぐに歩いたら何処まで行けるか。」という企画を行なっていた彼から貰った勇気を、希望を、感動を、600…

この世界がおかしすぎて辛い。

Twitterのタイムラインに流れてきたとあるツイートを見て思った、人間という生物の愚かさ、残虐さ、非道さ、そしてこの世界のおかしさに、心底イラついて書いた記事です。

2度ある事は3度ある。てか普通にそれ以上ある。

訳の分からん記事です。昼夜逆転についてです。

自分の常識・価値観が万人に通用すると思うな。

※この記事は過去に投稿され、訳あって1度削除していたものです。 とある発言に苛立ちを覚えた。 そして思った。 皆が雑煮を食べている中で 1人だけ きな粉の餅を食べる事の何が悪いのか。(笑) 正月だからと言って美味しくもない雑煮を食べる必要があるのか…

戯言。

※この記事は過去に投稿され、訳あって1度削除していたものです。 私は未来を見ていない。 未来を見ている余裕など無い。 今の自分はただ、今の自分を生きているだけ。 気持ちが落ちている訳では無いのでご安心を。 肯定的でもあるんだけど、否定的でもある、…

空って、良いよね。笑

空にも表情があるように思う。・・・なんかカッコつけてるみたいだけどw

一言だけ。

人生ってベルトコンベアーみたいなもんだと、そんな気がする。

常に異端者でありたいという気持ち。

今ならば「異端者」という言葉さえ褒め言葉に聞こえる。笑

目の輝き。そこから感じる嬉しさと悲しさ。

今日 私は早起きに成功。天気も良くおでかけ日和だったが、なんかそういう気分では無かったので代わりに昼頃さくらと家の中を散歩する事になりました。久々です。おでかけ以外でさくらのリード持つの久々です。笑物置き小屋でノーリードにして遊ばせてあげま…

小説読む人ってカッコよくね?

あのね、率直に「小説 読む人ってカッコいい!」と思ったワケなんですw小説は敬遠しがちだった私ですが、小説を読む人にんー、憧れたというか真似事みたいな感じで『小説』を読もう!と思いました。

セミに優しい人は基本いい人だと思う。

セミって夏の風物詩で、「ミンミンミンミン」うるさいっていうイメージで、嫌いな人も多くいると思います。正直私も嫌いですw いや、嫌いでした。そんなセミに優しくできるってすごいことだと思ったんです。優しい人だな、って。セミは、1週間しか生きられ…