えすのおと

15歳の現役高校生 “えす” のブログ。

セミに優しい人は基本いい人だと思う。


 

どうもどうも。

そういえば忘れてたけど昨日またパソコンを壊した作成者ですw

 

「五度目の正直」ならず・・・。

 

 

えー、今日はですね。

今さっき良いネタを見つけたので、急遽 朝9時にブログを書き始めた次第であります!

 

早速書いていきましょう!

 

【スポンサーリンク】
 

 

私は朝、パソコンを開いて最初に何をするのかというと

読者登録させていただいているブログ様の記事を片っ端から読みます。

 

全部見るよう心がけてます。

 

それで今日、興味深い記事を見つけました。

 

それがこちら。↓

kubiwakoubou.hatenablog.com

 

id:kubiwakoubouさんが運営する

「ノイビビの日々」ブログに書かれた『セミ見つけた♪』という記事。

 

昨日の雨で落ちてしまったと思われる1匹のセミ。

そのセミを愛犬のノイちゃんとビビちゃんが興味津々で見ている。

 

というストーリーなのですが

 

その記事の中に、

 

セミの一生は短いので、木に戻してあげました。

 

という一文がありました。

 

 

これすごいな、と思って。

 

まずセミを触れること自体

結構すごいと思うんですけど。(w)

 

そうじゃなくてですね。

 

セミって夏の風物詩だけど

 

「ミンミンミンミン」うるさい

 

っていうイメージで、

 

嫌いな人も多くいると思います。

正直私も嫌いですw  いや、嫌いでした。

 

そんなセミに優しくできるって

すごいことだと思ったんです。

 

いい人だな、って。

 

 

 

セミは、

 

1週間しか生きられない。

 

とよく聞きますよね。

 

幼虫の期間がものすごく長くて、

でもいざ外に出たら寿命は1週間。

 

 

そう考えると、「うるさい」なんて言う人間って酷いなって。

 

言っちゃえばそれは、

 

余命1週間を宣告された人に

「しゃべるな」と言っている様なもの。

 

私の家は木がたくさん生えているので

毎日セミが鳴いています。

 

自分はそれをうるさいと思っていました。

 

でもセミは、1週間しかない命で

一生懸命に鳴いていたんです。

 

人生を謳歌していたんです。

 

この世界に生きているんだと、

自らで宣言していたんです。

 

人間は地球上で最も優れた生き物で、

それはつまり言うと知らぬ間に他者を見下すのです。

 

私もその1人だったんですね。

 

 

犬という「生き物」と暮らしている私がそんな事をしていていいのか?

 

そう思って、私はセミに今までの非礼を謝った。

 

夏。

セミが鳴く季節。

 

皆さんもセミがうるさいと思う時があると思います。

 

でも彼らは、

 

1週間しかない命を、

精一杯に鳴いて生きているんです。

 

だから怒る気持ちを抑えて、

 

応援してあげてください。

「頑張れ、頑張れ」と。

 

f:id:Sakurachannel0530:20160803101957j:plain

 

 

いつもお世話になっている

id:kilinyaさんの記事にもその事が書いてあります。↓(パクリ疑惑w)

www.kilinya.com

 

 

今回の記事書いてて思ったんだけど、

 

 

 

・・・人って、こうして優しくなっていくんだね。笑

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

読んだよ!を伝える☆とブックマークをお願いします!^^

各種SNSでの共有・拡散もバンバンやっちゃって下さい!

コメントも待ってます!