柴犬さくらの生活日記

2015.5.30に生まれた柴犬さくらの生活を、飼い主の孫にあたる現役高校生 “えす” が綴るブログ。

疲れた日は雑記に限る。


※この記事は2016年9月14日に投稿されたものです。

 

どうもどうも。

昨日に引き続きまた、お風呂に入ってからブログの作成者です。

 

今日は早めの18時に入りました。

1日の疲れを癒すというお風呂の目的を無視してますw

 

というかお風呂入って疲れが落ちるだろうか?

ただ疲れるだけのような気がする。

 

【スポンサーリンク】
 

 

今回はですね、タイトル通り「雑記」です。

 

そんなん誰が見たいのかと自分でも疑問に思ってるのですが

とりあえず今日は雑記です。うん。笑

 

理由(言い訳)を言うと、

 

まず1つ。

3日連続で本気記事を書いたのでさすがに疲れた。

 

換毛期始まってます。 - 柴犬さくらの生活日記

ダイエット開始から1週間!体重測定で驚きの結果が!! - 柴犬さくらの生活日記

さくらが車に轢かれそうになりました・・・ - 柴犬さくらの生活日記

 

ブログ書くのは楽しさもありつつ かなり疲れる。

本気で書こうとすれば勿論それだけ疲れる。

それを3日連続でやってきたからそりゃあ疲れる。

 

このブログを初期から見て下さっていた方は分かると思うんだけど、

最初は話の構成から何までかなりゆるくやっていたんです。

(恥ずかしいからその頃の記事は見ないでくれたまえ。)

 

それが今となっては結構ガチ。

毎回3000文字ぐらいを平気で書く。

 

昨日なんて4000文字書いてしまった。

4時間ぐらい掛かったと思う。つまり疲れた。

 

 

2つ目の理由。

さくらに思い切り噛まれた。泣

 

今日、家の庭でドッグランをやったんです。

そのスタート直後に興奮して狂ったさくらに噛まれました。

 

犬に噛まれた時は、

動じなければいいのだと分かってはいたんです。

 

1回目に噛まれた時は何とか堪えました。

 

ただその後に来た2回目は

もう耐えられない程のとてつもない痛みで

うっかり動いてしまい更なる追撃を喰らいました。

 

興奮すると人が変わるんです。

あっ犬が変わる、か。

 

興奮するとそれはもうです。

我々人間には敵わない獣と化します。

本気を出せば敵わなくも無いがさすがに本気は出せない。

 

出血まではいかなかったものの

肌が凹むぐらいに歯が食い込み、皮が少し切れました。

今も痕が残っています。4時間も経ったのに。ここまで治らないのは珍しい。

 

ノーリードで興奮した時の対処法をちゃんとしておかないと。

 

そんな事があって疲れた。

 

 

3つ目の理由。

 

とりあえず疲れた。

 

今思った。

理由などいらない、とにかく疲れたのだ。

 

なんで今回は雑記です。宜しく。

 

f:id:Sakurachannel0530:20160914213257j:plain

 

まず最初に、

いつもお世話になっているスズメ天狗さん(id:chairoitenten)が

「言及」をしてくれました!^^

suzumetengu.hatenablog.com

 

この記事、ホントに面白かったですw

物の捉え方というか、着眼点がすごい。

 

お礼が遅くなってしまい本当に申し訳ありません。

嬉しかったです。ありがとうございます。m(_ _)m

 

 

もう1つ、他の方の話。

 

今日もいつも通り

読者登録させてもらっているブログ様の最新記事を片っ端から読破したのですが、

その中でとても面白い記事を見つけました。

 

その記事がこちら。↓

kirahika.hatenablog.com

 

最近お世話になっているひかるさん(id:kirahika)の記事。

 

この方の話も本当に面白いんです。

この場で言ってしまうのもアレなんですが

すごいこのー・・・変人な方なんですw

 

良い意味でだよ?良い意味で。

 

自分なんかには思い付かない発想をしてて

すごい面白いんですよ。

 

 

今回 私が紹介したいのは上の記事の最後にある、

「ライフ・スタイル診断」です。

 

私こういう診断ものが大好きなんですw

今回も見事に飛び付きましたよw

 

 

30項目のアンケートに答えて、

 

自分が

欲張りタイプなのか、

赤ん坊タイプなのか、

人間機関車タイプ(努力家)なのか、

自己抑制タイプなのか、

犠牲者タイプなのか、

興奮探しタイプなのか、それが分かるらしい。

 

やってみた結果は・・・

 

 

見事20点満点で犠牲者タイプでした!w

 

さすが!さすが心が病んでいる人間!w

 

しかし説明書きによると

実際にはこの犠牲者タイプはほぼ存在せず、

従って2番目に得点の高いところが

その人のライフ・スタイルという事でした。(慰めにしか聞こえないがw)

 

そうなると私は自己抑制タイプ

 

自己否定感の強い完璧主義者。まさにその通りです。

(心が病んでる人にはありがちだな、これはw)

 

皆さんも是非やってみてください!^^

 

 

追記:今気付いたんだけど、この後に書く事は

   ホントこの診断結果に当てはまってるw

 

 

次の話は昨日の記事について。

 

ブログってのはなかなか良いもので、

頭にある気持ちやらを自分でキーボードを叩いて文字に起こす事によって

それがより鮮明に、強く頭に残る。

 

言うなれば

お腹がすいたそれをブログに書くさらにお腹がすく

みたいな感じ。笑

 

さらにブログを書く事によって

その事例に対し、新たな見解が生まれる。

 

上の記事は、飼い主がさくらを散歩に連れて行ったとき

リードが抜けてさくらが車道に飛び出し車に轢かれそうになった話。

 

その話を飼い主から聞いた時と

ブログを書いている時は「怖い」という感情しか無かった。

 

犬もそうだが人も同じでいつ命が奪われるかは分からない。

どこに危険が潜んでいるかは分からない。だから怖い。

 

しかしブログを書いた後に思った。

 

奇跡とか他の人の助けとかが無いと

愛犬の1匹すら助けられないなんて「情けないな」と・・・

 

 

道路へ飛び出したさくらを飼い主は必死で呼び止める。

 

さくらは飼い主のもとへ帰ってくる。

捕まえようとする。逃げる。

 

今回は飼い主がそのような目に遭ったが、

もし私がその場にいたとしても さくらは逃げようとしただろう。

 

愛する家族に逃げられる。

 

相当な屈辱だ。

 

そこには偽物の信頼関係しかない。

本当の信頼関係はまだ築けていないのだろう。

私も飼い主も、さくらから頼られる存在になれていない。

 

非常に悲しい。

うん、悲しい。

 

事件が起きたその時は、

「命が助かって良かった。」

「無事で良かった。」それだけで済んだが

 

後々ブログに書いたりしてよく考えれば

それはとてつもない問題で、良かったでは済まされない、

ちゃんと考えなければならない話なのだ。

 

飼い主は首輪が緩かった事を反省し

首輪を少しきつくする事で今回の一件を終わらせたが、

 

大事なのは首輪云々ではなく

捕まえようとしたら逃げられた、という所。

 

コイツ面倒くさいな~、命が助かったんだから良いじゃん。

と思われるかもしれない。いや思われているだろう。

 

でもそういうトコをちゃんとしていきたい。

ブログに書いてみてそう感じた。

 

 

あと、事件があった日から

怖くてさくらを散歩に連れて行く気がしない。笑

 

f:id:Sakurachannel0530:20160914213814j:plain

 

【スポンサーリンク】
 

 

はい、雑記にしては真面目な話になってしまいました。

(雑記と言ってもやはり3000文字を越えてしまうw)

 

他に言うなれば・・・

 

パラリンピック始まりましたね!(今頃!?)

カープがリーグ優勝しましたね!(今頃!?)

高畑裕太さん釈放されましたね!(今頃!?)

 

3つ目だけやけにヘビーな話題だなw

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

読んだよ!を伝える☆とブックマークをお願いします!^^

SNSでの拡散は・・・まぁしてくれるに越した事はないです。

コメントも待ってます!(診断結果とか教えてください!)