えすのおと

15歳の現役高校生 “えす” のブログ。

SEKAI NO OWARI 新曲「Error」の歌詞と感想。


  SEKAI NO OWARI「Error」歌詞  

 

 僕は戦うために作られた軍事用ロボットとして生まれた

 たくさんの人を傷付けて、勝つたびに褒められた

 

 だけど、1人で戦う美しい君の横顔を見た時、僕の中でエラーが生まれたんだ

 上官はいつも僕に言った

「誰かを愛しちゃいけないぞ。

 守るものがあると自分が弱くなるからな、強い男になるんだぞ。」 

 

 エラー音がうるさいから

 君を殺しちゃおうと思って銃を向けた

 でも僕にはそれが出来なかった

 僕は君に恋をしてしまったのかな

 

 喜ばせようと思ったのにそんなに花はいらないと言われた日もあった

 寝顔が怖いと笑われた日もあった

 貴方の作る料理は錆びみたいな味がして最高ねと、褒められた日もあった

 なんで君が泣いてるかわからない日もあった

 

 でもそうやって僕はちょっとずつ弱くなっていったんだ

 

「そんなの本当の強さじゃないわ。

 もちろん守る誰かがいるのは時に貴方を弱くするでしょう。

 でも弱さを知るという事は強いという事なの。」

 

 夜空に容赦なく降る銃弾

 弾が当たった事なんかなかったのに

 腕の中にいる君を見てわかったんだ

 僕は君の家族になりたかったんだ

 

 僕は戦うために作られた軍事用ロボットとして生まれた

 たくさんの人を傷付けて、勝つたびに褒められた

 

ロボットが恋をするというラブソング。

その点では「スノーマジックファンタジー」「マーメイドラプソディー」

「ムーンライトステーション」などと似ていますね。

 

歌詞はちょっと残酷な部分もあるが、

メロディーはとても好きなタイプでした。

 

個人的に「夜空に容赦なく降る銃弾」ってトコが好きです。 

 

銃弾だからすごいダークな雰囲気なんだけど

そのダークの中にある美しさというかファンタジーというか、

藍色の空に星が輝いているような画が浮かんできます。

 

その後に続く

「弾が当たった事なんかなかったのに」というのは恐らく、

「腕の中にいる君を見てわかったんだ」が次に来ているので

その君を守るため銃弾に当たったのだと推測。

 

評論家でも何でも無いのでそれ以外のことは書けませんが

「Hey Ho」よりこっちの「Error」にハマってしまいましたw

 

あと注意すべきは2016年10月5日現在でYouTubeにアップされている

「Error」を題した動画はほぼ偽物です。

少し調べましたが、今のところ本物は1つも見つかっていません。

注意してください。

 

聴きたい人はCDを買おう!

それが動物殺処分ゼロの支援金になりますので!

お願いします!

 

 

 

こんな記事も書いています♪

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。