柴犬さくらの生活日記

2015.5.30に生まれた柴犬さくらの生活を、飼い主の孫にあたる現役高校生が綴るブログ。


【スポンサーリンク】

ワクチン接種してきました。

 

どうもどうも。

急激に冷え込んできて今すでに足が凍死している作成者です。泣

 

普段は家から出ないので長袖を着る必要が無いんだよね。靴下も

そんな感じで油断していたら凍死しましたw

 

今日の名古屋は日当たりが強かったんだけど

風というか空気は完全に秋で長袖必須でしたね。

 

足部分だけでいいからコタツが欲しい。笑

 

 

いつもお世話になっているドッグトレーナー

夏目真利子先生(id:charliemama3)に言及して頂きました!

charliemama3.hatenablog.jp

 

ありがとうございます!

 

【スポンサーリンク】
 

 

今日はですね、

さくらのワクチン接種について行きました。

 

さくらの病院、シャンプーには

飼い主・家族・親戚という3人の付き添いがいます。

(なぜ親戚!?と思われた方がいるかもですが、

 この親戚がペットショップで1番最初にさくらを見つけた人物です。)

 

前にちょっと触れた、

さくらは月曜日でないと病院に行けない。というのは

その親戚がついて来れるのが月曜日だけだから。

 

今日はそこに私が入ったので

人間4人と犬1匹、車はギュウギュウ状態でしたw

 

f:id:Sakurachannel0530:20161010224905j:plain

 

でも何故いつもはその3人に任せているのに、

今回に限ってついて行く事になったのか。

 

あのね、さくらの注射が見たかったの。笑

 

愛犬の注射を見るのが心苦しい方がいる中で、

逆に見たいという愛犬家らしからぬ考えw

 

いや私は病院について行った事もあまり無く、

診察室に入るのは今回で2回目なので注射を見た事が無かったんです。

どんな感じなのかなーと思って同行しました。

 

 

さくらの掛かり付け病院は、

さくらがいたペットショップもあるカーマ内に併設されています。

トリミング施設もあるのでとても便利。

 

そしてペットショップに併設されている利点はもう1つ。

さくらは柴犬らしさ0の無類なる人好き。

なので病院=嫌な所 ではなく、

病院=馴染みある店員と会える場所 という認識で全く嫌がりません。

 

f:id:Sakurachannel0530:20161010224907j:plain

 

待っている時、先に診察を終えた方に

「お~柴犬!カッコいいなー」と言われました。さくらはGirlです・・・泣

 

そしていざ診察室へ。

 

飼い主は今まで診察室に入る事を頑なに断ってきましたが、

今回は親戚に命令され仕方なく入りました。(笑)

 

まぁ先生の話を直接聞いた方が伝わりやすいし、

前に読んだ小説「ソウルメイト」で知った犬の十戒にも

10. ぼくの嫌いなところに行くときは、お願いだから一緒にいてよ。

   見てるのが辛いとか、見えないところでやってとか、

   そういうことは言わないでよ。

   そばにいてくれるだけでいろんなこと、頑張れるようになるんだ。

   愛してるよ。それを忘れないでね。

 

って書いてあったから、私も入ってほしかったんです。

(もう1つ、今まで飼い主がダイエットに協力的でなかったのはダイエット宣告を先生でなく、

 先生に聞いた家族から聞いたせいだと考えてたから好都合だった。笑)

 

 

さすがのヤンチャ娘も診察台の上ではビビリ犬へと変貌します。

大人しくなって言う事をよく聞いてくれます。ちょっと震える場面もあったが。

 

体温計る時も今回の目的ワクチン注射の時も

ピクリとも動かず吠えずにじっとしていました。偉いねー^^

最後の方は診察台で寝てましたw

体温計る時ってホントに肛門に体温計を挿すんだ、と驚きました。

 

ヤンチャに悩まされる今だから思うのかもだけど、

大人しいさくらの方が可愛く見えますね。

歳をとって大人しくなったらヤンチャだった頃が恋しくなるんだろうなー

ただ今は大人しい方が好きです。

 

俗に言うギャップ萌えみたいな?

可愛すぎて写真撮りたかったもん。さすがに撮れる雰囲気じゃなかったから撮れなかった。

 

はい親バカ談は以上にしまして、(w)

病院の先生に色々聞いてきた事を紹介します。

 

 

まずアレルギー問題について。

 

私は脱毛の原因はハウスダストアレルギーだと思っていたのですが、

先生は小麦アレルギーが原因だと主張。

ドッグフードを変えながら様子を見ましょう、との事。

あとオヤツは一旦禁止!←これ前にも言われてたんだけど全く忘れてた。

 

飼い主はさくらの肌が黒い事を気にしていたのだが、

それは炎症を起こしているからで

その炎症が治ってから1ヶ月ぐらい経たないと通常色には戻らないらしい。

 

いやー飼い主と私の着眼点が全く合わない。笑

飼い主はどちらかと言うと見た目を重視しているが、

私はさくらは掻いたりしている部分が気になる。

 

続いてはダイエット問題

 

飼い主は意外にも積極的に質問していたが、

ダイエット問題を無視して話を終わらせそうだったので私が聞きました。笑

 

今日でダイエット開始から5週間だが、

体重は11.6kg

 

1週間前と変わりませんでした。

f:id:Sakurachannel0530:20161010225255j:plain

 

3週間連続で11.6kgをキープしていますね。

 

今までの体重推移も教えたところ、

 

増えるのはやっぱ食べる量が多いから。

犬は人間と違って運動でのダイエットにあまり効果がないので

とにかくごはんを減らす事ですね。と仰っていました。

 

そのアドバイスを受け、

今日の夕飯からごはんをカップ1杯と3分の1に。

 

ダイエット前がカップ2杯。

ダイエット開始後はカップ1杯半。

そして今回カップ1杯と3分の1になりました。

 

飼い主も今までの暴走を少し反省し、

ダイエットへの意欲を見せていたのでとても良かったです。

 

f:id:Sakurachannel0530:20161010224902j:plain

 

前回、私が診察室に入った時の男の先生は

何でも薬の副作用で言い包めるような

適当で信用できない人だったのでイラついていたのですが、

今回の女性の先生はとても細かく説明してくれたので満足でした。^^

薬の種類ごとの効果、副作用も教えてもらった。

 

それとさくらは今までステロイド薬を服用していたみたいです。

私は薬のことが全然分からないので

「ステロイド?なんか聞いた事ある名前だな・・・」って感じでしたが、

ステロイドは即効性のある薬らしい。

 

ただ服用中は抜群な効果を発揮するが、

服用をやめた途端元の状態に戻り、

また病院から買わされ、の無限ループだという情報も。

 

確かにさくらも服用中は症状が軽減していたけど

やめた途端に今のような酷い状態になった気がしないでもない。

 

そうなると今回の先生も「ステロイドは安い。」とか言って推してたので、

薬を買わせてきたのか?と思えてなんか嫌なのだが

そこは色々調べて考えてみます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

とにかく、アレルギーもダイエットもほんの少し前進したように思えます。

 

そしてワクチン接種が完了したので

今度こそ正式なドッグランデビューを果たしに行きます!

 

と言うのも実はですね、

前回ドッグランへ行った時に犬が1匹もいなかったので

 

つい最近、犬がいそうなドッグランへ行こうと思っていたんですよ。

それでワクチン接種証明書を見て驚きました。

 

丁度2日前にワクチンの期限がキレとるやん!!怒

 

せっかく行く気満々だったのに運悪すぎでしょw

 

なので今度こそ他のワンちゃんと遊ばせてあげたいです。

頑張ります!

 

 そういえば帰宅後、注射の影響でさくらが少し吐きました。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

昨日はここに行きました。↓

 

 

読んだよ!を伝える☆とブックマークをお願いします!^^

各種SNSでの共有・拡散もバンバンやっちゃって下さい!

コメントも待ってます!(薬について教えてくれると嬉しいです。)

 

 

◎おまけ「子犬と遊ぶさくら。& ペットショップにいた黒柴くん。」

f:id:Sakurachannel0530:20161010224850j:plain

f:id:Sakurachannel0530:20161010224852j:plain

 

可愛い黒柴くんの写真でこんな事を言うのは本当に申し訳ないのだが、

伏せた所には「スペシャルプライス」と書かれていたんです。

私はとても悲しくなった。犬を生き物でなく商品として扱っている事に。

(ペットショップでその表記を見た時はさほど気にならなかったのだが、

 今改めて見たら深い悲しみと怒りが湧き出してきたので急遽書かせて頂きました。)

 

いやまぁ販売する事で業界も回っているんだろうからしょうがないんだけど

ひとまずショーケースに閉じ込めるという閉鎖的な営業でなく

もっと開放的な営業をしてほしいというのが私の意見です。