柴犬さくらの生活日記

2015.5.30に生まれた柴犬さくらの生活を、飼い主の孫にあたる現役高校生が綴るブログ。


【スポンサーリンク】

【悲報】作成者、体育祭で盛大にコケるw

 

どうもどうも。

Blue Hearts の「リンダリンダ」にハマっている作成者です。

 

椅子から窓の外を眺めた時、そこは青空で、

何故か急にリンダリンダを聴きたくなったという意味不明な経緯でw

 

即座にWALKMANで流しましたね。

そもそも高校生(15)のWALKMANに既にブルーハーツが入っていること自体が異質w

 

勿論、いま現在も聴いております。

リンダリンダに力を貰いながら、書いていきたいと思います!

 

【スポンサーリンク】
 

 

えー、高校の体育祭があったワケですが、タイトルにある通り、

私 Sakura channel、盛大にコケましたw

 

今回はその醜態について詳しく書いていきます。

 

この私の ある部分でのプライドの低さですよねw

普通15歳っていうと そういうの隠しがちだけど私は積極的に晒していきますからw

 

悲観する間もなく すぐ「ブログのネタにしよっ♪」となる狂った思考w

 

さぁ、書いていきましょうか。

自分としても すごく楽しい記事になるでしょう。笑

 

 

体育祭当日。 

当然ながら全く乗り気ではなかった私。

 

小学1年生の頃から剣道をやっていたので運動の基礎能力は低くないと思うが、

元不登校で引き籠もっていたため過度な運動なんて2, 3年ぶりぐらい。

 

中学も1年生のときしか体育祭出てませんからね。

本当にリアルに2, 3年ぶりの運動です。

 

正直なところ、もう、運動なんてしたくないワケよ。笑

 

てか元不登校も多くいるような学校で体育祭を行って

過度な運動を強制するって酷くね!?とか謎の自論を展開する始末w

 

ただ真面目なので渋々 参加することに。

 

 

いつもより複雑な電車経路で開催場所のスポーツセンターまで行く。

 

唯一嬉しいのはジャージズボン着用OKな点。

毎日それで生活している人間としては楽で良い。

 

到着してから受付をして、開会式が始まる。

 

先生の「運動できる・できない はあるけど、相手をリスペクトする」という言葉に、

いや体育祭ってのは結局 運動できないヤツを晒し者にする

奴隷ショーみたいなモンなんだってことに学校もそろそろ気付けよと、

内心でまぁまぁ過激な悪態をつきながら時は進む・・・

 

 

続いては準備運動。

今思えばこの時点で競技の欠場を決定すべきであった。

 

というのも、体が全く動かなかったのだ。というか硬すぎた。

 

よく肩凝りのCMに出てる急に硬化しだす人レベルの硬さだった。

腕は上がらないし、足も全く広がらない。

 

元々体はめちゃ硬くて、長座体前屈は常に学年最下位だったが、

そんな過去よりも増して硬くなっていた。ブランクとは誠に恐ろしいものだ。

長座体前屈って低身長は圧倒的に不利だと思うけどね!?手の長さで既に差があるからね!?

 

 

どう考えてもこれから過度な運動ができる感じではない。

しかし流れで第1種目である『二人三脚』へと突入してしまった。

 

f:id:Sakurachannel0530:20170607175837j:plain

 

まずは男女別で背の順に並ぶ。

 

小・中学と違って背の順なんて決まってないので各々で判断するのだが、

こういう時でも一瞬で、何も考えずに先頭に立てるという低身長あるあるw

 

先に走っている人を見ながら、

二人三脚ってかなり危険じゃね?と恐怖しつつ、やってきた自分の番。

 

基本的に同じ背丈の人とペアで走るものの、

それでもやっぱり身長差が出てくるので組んでいる肩がめっちゃ痛むw

 

ただそれ以外には特に問題は起こらず、

無事に走り切り、チームも1位という好スタート。

 

 

第2種目は『障害物競走』

私の担当はキャタピラレース。こういうの。↓

f:id:Sakurachannel0530:20170607175859j:plain

 

ここでは背の順の先頭が必然的に、

ごく当たり前のようにトップバッターになるという低身長あるあるが発動し、

嫌気が差しながらも仕方ないので段ボールキャタピラの中へ入る。

 

そして思った。首と腰が痛い。

 

上の気持ち悪いほどに下手な絵を見れば分かる通り、

けっこう窮屈な体勢を強いられるのだ。体が硬い人間には辛い。

まぁ自分より背の高い人はもっと辛いだろうが。

 

更にレース中はめっちゃ膝が痛い。

体育館の床に骨がガンガン当たる。

 

あと隣の人がすっごい衝突してくる。

一見すると低身長の方が有利なこの競技だが、ラフプレーへの耐性面ではかなり劣る。

 

そんな厳しいレースを、人数の都合で2回やるという酷さ。

普通に疲れた。

 

 

続いて最終種目『リレー』

 

f:id:Sakurachannel0530:20170607180001j:plain

 

もう最終種目?とお思いの方が多いでしょうが、

計3時間ぐらいの小規模な体育祭なのです。

 

そして皆さんもお察しの通り、このリレーで悲劇が起こりました・・・。

 

 

まず最初に女子のみでのリレーが行われ、

次に私も参加する男子リレーが始まった。

 

バトンが繋がれ、とりあえず走る。

ここまで力を入れて走ったのは恐らく中1の体育祭ぶりだ。

 

追い抜かすことは無かったが追い抜かれることも無かったので、

たぶんそれなりに走ってたんだと思う。分かんないけど。

 

コース1周という過酷さの中、半周走ったあたりで既に足がキツくなっていたものの、

何とか最後まで走り切り、無事にバトンを繋ぐことに成功した。

 

 

だが、この時点で足は完全なる限界状態。

立っているのも厳しいレベル。

 

しかしこの後には まだ男女混合リレーが待っている。

他の人が走っている間は、とにかく足を休めることに専念した。

 

 

そして始まった男女混合のレース。今回も1周走らねばならない。

 

休憩の甲斐があって足は少しだけ回復していた。

 

ので、スタートラインに立った。

 

バトンが繋がれ、走る。

 

感覚としては先程の第1レースと同じ。

 

まずまずの走りをしていた。

 

 

しかし、1/4に差し掛かろうとした、その瞬間・・・!

 

 

f:id:Sakurachannel0530:20170607180038j:plain

右太ももの付け根にとんでもない激痛が走る!!

 

 

ほんの一瞬だけ世界がスローモーションになったように感じた。

 

咄嗟に思ったのは「たぶんまだ走れる」という事。

 

しかしそこから記憶が飛び、気付けばフラっと体勢を崩して転んでいたのだ・・・。

 

 

だが自然と体は早急なリカバリーに入っていた。

 

これは、昔のアレだ。

 

剣道の稽古で、先生によく倒されるのだが、

倒れないよう持ち堪えるのも疲れるし流れが悪いし、

かと言って倒されてもすぐ起き上がらないと叱られるので私はある作戦を思い付いた。

 

それが「滑る」だ。

 

f:id:Sakurachannel0530:20170607180304j:plain

 

袴で滑り、膝で床を思いっ切り押して勢いで立ち上がる。

これは昔読んでいた剣道漫画にインスピレーションを受けたものだ。

 

漫画を現実に持ってこれるという結構な感じですごい能力。(笑)

そんな技を完全に習得していた。

 

 

もう1年半ぐらい剣道はやっていないが、

体は あのときの感覚を覚えていたらしく、転んだ瞬間、自然とその秘儀が発動した。

 

激しい摩擦が起きる。

 

後で見ると、ジャージズボンは溶けていた。

 

そしてあの頃と同じように、膝で床を押して立ち上がる。

 

どこか、懐かしかった。

 

一種の感動を胸に抱き、もう1度走る・・・!

 

 

しかし、右足が上手く動かなかった。

 

足を前に出す度に、さっき激痛を起こした箇所に痛みが。

 

まともに走れない状態。

 

ただバトンを繋がないとチームの勝利とか関係なくゲーム的に崩壊してしまうので、

必死で、最大限出せるスピード(ランニングよりも低速)で走る。

 

どんどん追い抜かれる。

 

だが、走る。痛む。

 

ようやく後続のランナーが見えた。

 

ここで今まで何とか動いていた右足が完全に停止する。

 

最後は片足で跳びながら進み、バトンを渡す。

 

チームが並ぶ最後尾まで移動した時には、

確か右足を半分引き摺りながらでないと歩けないレベルになっていた。

 

 

そうして今、収まらぬ足を痛みを抱えながら、この醜態を晒しているワケだ・・・。

 

【スポンサーリンク】
 

 

という感じでね!笑

 

日頃の運動不足のツケってこういう所で回ってくるんやなぁ・・・と、

本当の意味で痛感した高校生として初めての体育祭でありました。

 

いま現在も歩くのも階段上るのも、

椅子から立つのさえ慎重にやらないと激痛が走るからね。+α で筋肉痛もあるので。

 

 

まぁ自分の番で一気に最下位まで転落したけど、

最終的には結局1位になったから勝負に良い起伏を付けたという言い訳をしておきますw

 

あと自分みたいな運動できないヤツがいるからこそ基準が保たれて、

運動できるヤツが格好よく見えるっていう法則も付け加えて言っておくw

 

世界って本当にそういう作りだから。

 

天使がいるから悪魔がいて。

平和があるから戦争があって。

バカがいるから天才がいて。←

ダメな自分に悲観してる人はこういう思考をすると良いよ。笑

 

 

ただ私はね、今回の件を受けて今後は運動不足を解消していくなんて事しませんよ。

 

もう運動なんてしたくない。トラウマだ。

運動恐怖症だ。ソウダソウダ。 ゼンブ ウンドウキョウフショウ ノセイダ。

 

ここから1週間ぐらい学校休みでホント良かったよ。

これで学校あったら、もう死んでた。笑

 

 

いやー面白い。面白いね。

 

3, 4年前に剣道で全国3位になった人間が

今や体育祭で転んで怪我を負うレベルまで退化してるってw

 

どんだけ面白い人生なんだよw 面白すぎだろw

 

 

てな訳で、しばらくは休養します。笑

 

 

☆こんな記事も書いてます♪

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

読んだよ!を伝える☆とブックマークをお願いします!^^

各種SNSでの共有・拡散もバンバンやっちゃって下さい!

コメントも待ってます!

 

TwitterとInstagramを始めました!よければフォローしてください!