えすのおと

15歳の現役高校生 “えす” のブログ。

【任天堂Switch入手!】スプラトゥーン2が面白すぎる件。


f:id:Sakurachannel0530:20171005074019j:plain

【スポンサーリンク】
 

 

どうもどうも。

ちょっと前からクラゲとしてTwitter海をゆらゆらしている “えす” です。

 

ふとしたキッカケで人類を全てクラゲにするという、

俗に言う「人類クラゲ化計画」の首謀者・ヤノユウさん(id:yanoyu22)さんと接触。

 

瞬く間に無償で素敵な絵を描いて下さり、

まるで流れるかのようにクラゲへと変貌を遂げました。

 

f:id:Sakurachannel0530:20171006064126j:plain

カッパを纏った愛犬・柴犬さくらをモチーフに書いて頂きました。

 

 

お陰で同じくクラゲ化した同胞とも繋がれたワケですが、

そんなクラゲの自分が なんの運命か次は “イカ” になる事となりました・・・

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

勘の良い方はもうお察しかと思いますが、てかタイトルに書いてあるから誰でも分かるだろうが、

この度、任天堂Switchを入手し『スプラトゥーン2』を始めました!!

 

スプラトゥーン=イカ、イカ=スプラトゥーンですからね。

あっ、これ今の時代の常識的概念なんで覚えておいた方がいいです。

 

Switchを入手したのは1ヶ月ほど前。

なかなかタイミングが掴めず記事にするのが遅れてしまいました。すいません。

 

 

ということで早速、Switch入手に至るまでの経緯、

そしてスプラトゥーンで遊んでみた感想などを書いていきます!!

 

 

昔からゲームが大好きでした。

 

私は目が悪いので小学生の頃から眼鏡をかけているのですが、

眼鏡をかけてるとよく 勉強のせい or ゲームをせい という2択を迫られるじゃないですか。

いや迫られるんですよ。しょっちゅう。

 

優等生を視覚化したような見た目をしている私は大体 勉強をせいだと思われるのですが、

答えは100%、ゲームのせいです。勉強なんて一切やってません。笑

 

そんな ゲーム大好き人間

 

 

2006年発売のニンテンドーDS ポケットモンスター・パールに始まり、

ポケモンシリーズ、どうぶつの森、イナズマイレブン、ファミスタ(野球ゲーム)など、

これまでの人生、数々のソフトで遊んできました。

2006年って言うと自分まだ4才だけどそんな小さい時からゲームやってたのか?笑

 

私の人生はゲームと共にあったと言っても過言ではない。

 

小学生の頃とかは特に、

家にいる時間はゲームしかやってなかったような気がします。

やりすぎて母に怒られ、DSを真っ二つにされる事件もあったw

 

 

ゲーマーってほどではないと思いますけどね。

ゲーマーって言うともう本当のガチ勢みたいな感じだから。

 

そこまでは極めてはいないのですが、とにかくゲームが大好きな人間でした。

 

 

ですが、DSの時代しか体験していません。

 

しかし、私のゲーム歴は、「ニンテンドーDSi」 の時代で終わります...。

 

私が使っていたのはこのレッドでした。

 

 

DSi は確かDSに初めてカメラ機能が付いたときの機種。

今の自分がカメラを趣味としているその原点はここにあります。

 

嫌々通っていた水泳教室にちゃんと行った褒美に兄の分と合わせて買ってもらったんだよね。

今思うと一家に1台から1人1台へというこの機種に込められた営業戦略にまんまと引っ掛かってやんのって感じだが。

 

この機種を駆使して色んなソフトで遊びまくっていたのですが、

忌まわしき3DSの登場により、私のゲーム人生は、一種の終わりを迎えました・・・。

 

 

当時は売れずに値下げした上に誰も3D機能使ってないのに

それでも3DS専用のソフトしか売ってないとか任天堂〇ね!と、

下校時の下り坂で小学生ながらに友人と大企業に愚痴を言い合っていた覚えがあります。

 

そしてその頃にはさすがにもう成長してきて

少し親に気を遣うようになっていたので結局3DSは買ってもらわず、

大型ショッピングモールの家電商品コーナーの液晶画面に映し出された

3DS版のポケモンの映像を見て 僕は時代に取り残されたんだと痛感しました。

ちょっと悔しくて隅に設置された体験コーナーでマリオカートをやった。

 

友達の家のWiiで大乱闘やマリオをやったり、(こんな私でも昔は友達がいた)

あとPSPを買ってもらって遊んだりはしましたが、

それ以降、ゲームの最先端に触れる事は、1度もなかったのです。。。

 

 

そうして迎えた高校1年の夏。ワイ、Switchが欲しい...!!

 

3DSが発売されたあの日から、早6年。

 

一世紀にも及ぶような、でも一瞬でタイムリープしてきたような。

そんな感覚が、この6年間を振り返った今、脳裏に浮かぶ。

 

この6年、色々なことがあった。

 

剣道で全国3位になり中学で不登校になり地獄のような日々を過ごし

気付けば高校1年の夏。私もすっかり成長した。

 

精神年齢だけはあの頃と変わらないが、寧ろさらに低くなっているが、

身長は120cm台から160cmまで伸びた。(え?小さくね?とか思ったヤツ土下座な。)

 

 

そして6年の月日をかけて遂に巡り合ったのだ。

Nintendo Switch と・・・!!!

 

 

Switchが欲しいと思ったキッカケは好きな実況者とはてな界隈。

 

最初にSwitchが欲しいと思ったその動機は、

YouTubeで見た “赤髪のとも” さんという実況者のスプラトゥーン2実況でした。

 

ともさんの事はだいぶ前から好きで、グッズを買ったほどのファンなんだけど、

その方の動画で長年封印されてきた私のゲーム欲が爆発。

 

Switch欲しい!スプラトゥーンやりたい!

私の頭の中はその感情で埋め尽くされ、滾りに滾っておりました。

 

いやどちらかと言うとスプラトゥーンやりたい!が大きかったかな。

スプラトゥーンやりたい!だからSwitch欲しい!みたいな順番。

 

 

更に追い討ちをかけるかのように私を襲ってきたのは、

Twitterではてなブログ界隈の人たちから次々と出てくるスプラ発言。

 

YOU!買っちゃいなYO!と責め立てられているかのような感覚に陥る。

 

 

あぁ!スプラやりたい!はてなの人たちとも遊びたい!

 

いや落ち着け自分。ゲーム機なんてめっちゃ高いぞ?

 

いやいや待て。私はもう高校生だ。

今までの人生で貯めてきたお年玉やブログ収益をもってすれば楽勝で買える。

まぁ全財産の 1 / 4 ぐらいは吹っ飛ぶがな!!!キリッ

 

ゲームなんかやって何になる!

ただ虚無感に襲われるだけだろ!?生産性も全くない!!

 

黙れ!裏の自分!!もうこれは買うしかない!!

うわああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

 

みたいな茶番じみた激しい脳内会議の末、

どうにかしてSwitchを入手してスプラをやるという結論に至りました。(笑)

 

【スポンサーリンク】
 

 

Switch & スプラトゥーンを入手するまでの経緯。

 

8月の中旬頃だっただろうか。

 

そこでどんな手を使ってでも

品薄状態に陥っているSwitchとスプラトゥーンをGETすると心に決め、

以降1ヶ月に及ぶ私の長い戦いが始まりました・・・!

 

ここからは入手に至るまでの経緯を綴っていきます。

 

 

まずはプレゼント企画に応募しまくった。

 

いくら自費で買えると言ってもやはり高いものは高い。

できるならば無料で手に入れたいというのが高校生としての本音。

 

なのでまずは当時ものすごく流行していたSwitchプレゼント企画に応募!

 

現在はVALU騒動で活動休止中のネクステメンバーを中心としたYouTuberの企画、

あとTwitterでの企画ツイートも積極的にRTしていきました。

 

正直あんまこういうプレゼント企画は好きじゃなかったんだけど、

そうやって斜め上から俯瞰してる気になってることのダサさを感じたので

もうなりふり構わず泥臭くガンガン参加していってましたね。

 

 

だがしかし...。

 

2台当たっちゃったんで1台はフォロワーさんにプレゼントします!☆

証拠として愛犬との写真も!みたいな所まで持ち前の妄想力で考えていたものの、

やはり現実はそう甘くなく、全て落選。。。 てかTwitterのやつは半分ぐらい虚偽だった。

 

 

polcaでの支援も考えたんだけど・・・

 

その頃ブロガー界隈でもかなり大きな話題になっていた

手軽なクラウドファンディングサービスを謳った「polca」での支援 も考えていました。

 

勿論Switch全額とまでは行かなくていいから

まぁ5000円~1万円ぐらい支援してもらって負担を軽減しても...という考え。

 

 

だけど個人的にこういうクラウドファンディングサービスって

己の私利私欲を満たすために使うものじゃないと思ってるんだよね。

 

何か社会に貢献するための支援であるべきだと。

 

だからその根本を無視した支援要求を見ると何だかなぁ...って感じで、

まぁ本人たちが楽しんでるから別にいいんだけど、やっぱ何だかなぁ...って感じで。

 

そんな訳でゲームなんていう社会に何1つとして利益をもたらさない、

完全なる自己満足の世界に対して支援を募るのは自分の中で 違うよなぁと思って、

polcaでの支援という選択はやめることにしました。

まぁただ単に支援を募って待ってるような時間がないっていう理由もあった。

 

 

ちなみにこの「polca」については

いつもお世話になっているあいまいみーさんの記事が参考になります。


 

近くの家電量販店で行なわれたSwitch抽選会に参戦!

 

追い込まれた私は遂に自費で購入することを決断!

友達さえいれば家に行って貸してもらったりとか出来るのになぁ・・・笑

 

ネットは全てプレミア価格なので迂闊に手を出すのは勿体ない。

そう考えるとやはり定価で入手する方法は店舗に出向くことのみ・・・

 

調べると 近くの家電量販店でちょうどSwitchの抽選会が行なわれていた ので

厳しいだろうなとは思いつつもそのわずかな可能性に賭けていざ初陣へ...!

 

 

子供の頃から運だけは良い人間だった。

 

剣道の試合でもトーナメント抽選があれば たちまちシード権を引き当て、

その恐ろしいほどの強運さを見て人は私を「神の手」と称した。(覚えてないけど)

 

小学4年生の頃、人生の転機となった全国級の大会で優勝したときも

抽選で強豪と準決勝で当たるのを回避。場と気持ちが整った決勝でその強豪を下した。

 

そのくせショッピングモールとかでよくある抽選会では

いっつも白球がコロンと音を立てて出てくるので母にもバカにされる。

たぶん自身の手で物理的に掴み取るもの以外はダメなんだと思う。(言い訳)

 

 

最後の話は少し蛇足であったが、とにかく私は昔から運が良かった。

だから不安もあったが心の何処かで行けるんじゃね?みたいな気持ちがあった。

 

 

 

運命の当選発表。奇跡が起こる・・・!!

 

Switch抽選会に応募した翌日。運命の当選発表。

 

あまり期待しないようにしていた。

 

本当に目前の、手を伸ばせば届きそうな位置にある。

 

だからこそ落ち込むのが怖かった。 

 

どうせ無理だ。そうだ。無理に決まってる。

 

そう自分に言い聞かせた。

 

でもやっぱり何処かで、自分の運の強さを信じていた。

 

 

2階の駐車場に車を停め、意を決して外に出る。

 

入店。エスカレーターを下りながら決戦の場を俯瞰し、気持ちを切り替える。

 

受付の場所まで歩く。

 

自然と足取りが早くなる。

 

ここを曲がれば、着く。緊張がより確かなものとなる。

 

曲がる。歩く。何か看板のようなものが見えた。

 

そこに当選番号が書いてあるのだとすぐに気付いた。

 

 

自分の抽選番号は、518。

 

その時点で500人以上が応募しているという事だろうか。

 

用意されたSwitchの台数は、10台。

 

当選確率は たったの 0.02% 。

記事を読んで下さった方から確率の計算が違うとのご指摘を頂いたが計算法などすっかり忘れたし

今ちょっと眠すぎて調べる気さえ起きないのでこの醜態をそのまま晒しておきます。数学なんて大嫌い。

 

明らかに厳しい戦い。

 

だがやるしかない。そう、ただ、やるしかない。信じるしかないのだ。

 

 

当選番号が書かれた看板まで、あと5m。

 

夢と現実の境目だ。

 

ここまで来ると逆に足取りが遅くなる。

 

現実を直視するのが怖い。現実に打ちひしがれるのが怖い。

 

そんな私の心境を垣間見ることもなく突き進む無神経な母。

 

 

そして、叫んだ。

 

母は老化で耳が悪くなっているせいか、はたまた先述のように無神経なのか、

店の中でも声量をコントロールせずに私を呆れさせる。兄もいつも呆れている。

 

そんな母が、叫んだ。

 

静かにしなさいと、まるでこちらが親になったかのように思うとともに、

何があったのかと、母が佇む看板の前へと近付く。

 

そして母は見せてきた。

 

抽選券を。勝利への可能性を秘めた切符を。

 

 

抽選番号 518 を、看板に表示された数字を照らし合わせる。

 

 

そして、驚愕した。

 

 

 

f:id:Sakurachannel0530:20171006133047j:plain

 

 

 

...あ、当たってる・・・だと・・・ッ!?

 

 

 

なんと!なんと!!なんと!!!

Nintendo Switch スプラ2同梱版が!

当たりましたァ!!!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

 

 

 

長い間ずっと思い描いてきた夢が!希望が!

その全てが詰まった Switch と スプラトゥーン が!

遂に!遂に!私の手元に・・・!!

 

夢にまで見た憧れが!現実に・・・!!

本当に1回夢の中に出てきた。目覚めた瞬間の虚無感ヤバかった。

 

あぁ、生きてきて良かった・・!!

 

中学のとき、不登校になったとき、毎日死にたいと思っていたとき!!

 

地獄の中で必死に藻掻いて、今日この日まで生きてきて本当に良かった!!

 

真にそう思いました...!

 

 

どうやら応募人数が500人を超えているというのは勝手な思い込みで、

実際は500番から始まっていたっぽい。

 

なので応募人数はたったの40人程度。

 

さらに5台追加入荷して計15台となったので、

つまり当選確率は 0.375% 。ここも違うと思う。知らんけど。だが晒す。一向に構わん。

 

それでもおよそ 1/3 の確率だけど?

私の運を持ってすれば?楽勝やろ、的な?(調子乗り乙)

 

ふふふ... 素晴らしいじゃないか...。

 

 

だがしかし!ここで安心するのはまだ早い。

 

帰るまでが旅とはよく言ったもので、

私にはまだ守るべき試練が残っている。

 

それは!“ポーカーフェイス” !!!

 

15歳の高校1年生にもなってゲーム1つで浮かれているようでは面目が立たない!

 

その思いで必死で耐えました。

 

 

当選したと分かったときも。

 

保障についてなどの説明を受けていたときも。

 

商売上手な店員から保護シートを買わされたときも。

 

商品を受け取ったときも。

 

その奇跡の重みを感じながら駐車場へと戻るときも。

 

必死で耐えた。

 

 

でもね、内心めっっっちゃニヤけてた。笑

 

 

そりゃあニヤけちゃうよ。

ずっと欲しかったものが手に入っちゃったワケだからね。

 

ニヤけつつも死なない程度に舌を噛んで堪えてました。

(舌を噛むと死ぬという漫画の見すぎ案件。)

 

 

抽選ってあくまでも購入権の抽選なので4万円ぐらい消えたけど、

まっ、高校生になったし、ちょっくら経済回してやるか、みたいな感じ?

これを言ったら兄に「で、出た~!たまの高額出費だと決まって経済回すとか言うヤツ~!」とバカにされた。

 

 

帰宅後すぐに開封の儀を執り行いました。

 

帰りの車内ではサッカーの応援歌としても有名な

ヴェルディの凱旋行進曲を聴きながら英雄気分で帰宅。

 

慌ててコンビニで買った祝いのカップラーメンを啜り、いざ!開封の儀!

 

 

こちらが『Nintendo Switch スプラトゥーン2セット』!!!

 

f:id:Sakurachannel0530:20171006133025j:plain

 

うおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!

これだけで迫力がすごい!箱の外観だけで迫力がすごい!!

そして箱の質感が!触り心地がすごい!!!(どんな感想だよ)

 

 

箱の中身については1つ1つ説明していくのが面倒というのを

暗くて写真が上手く撮れていないという理由で塗り潰して、

スプラだけに塗り潰す♪ とか言いながら適当に1枚の画像にまとめちゃいました。

 

f:id:Sakurachannel0530:20171006133055j:plain

 

 

何と言うかね、少年の心を思い出したね。笑

 

 

外観の迫力がすごくて質感と触り心地も最高な箱を開くときにかかる

アニメでよくある宝箱を開けた瞬間の中から溢れ出す輝きみたいな脳内フィルター。

 

パカッと音をたててソフトのパッケージを開けたとき、

ふと目に入る小さな小さなカセットに対して生まれる愛着心。

 

説明書を読みながら本体を充電している間の高揚感。

 

待ちきれなくて充電しながらゲームを起動するその気持ち。

 

画面が点き、初期のムービーが映し出されたときの興奮。

 

 

遥か昔に感じたあの感動と全く同じだ・・・!って。

自分が何処かに忘れていた気持ちはこれだ・・・!って。そう思いました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

スプラトゥーン2が面白すぎる件について。

 

Switchを入手するまでで6000文字も要するという予想だにしない事態が起こり、

本来メインであるべきスプラトゥーンの話が全くもって目立たない危惧が発生しておりますが

とりあえずスプラトゥーン2の面白い点を控えめに5つほど紹介しておきます。

 

 

スプラ2のここが面白い!① 現代のゲームの進歩を感じる!

 

常にゲームの最先端に触れてきた方からすれば当たり前かもですが、

悲しくも6年前のDSi から時代に置いてけぼりにされている私にとっては

この現代のゲームの進歩にとてつもないポテンシャルを感じざるを得ません。

 

昔は1人でストーリーとかを進めるのがメインで、

通信なんてものはあくまでもオマケ要素だった。

 

だが今は違う。

スプラトゥーンでも完全にオンライン主体になっている...!

 

ごく自然と当たり前のように感じてしまいますが、

今この同じ瞬間に日本中の見たことも聞いたこともない言わば赤の他人と

ゲームという1つの存在を通して繋がっているというこの凄さ・・・!!

 

普通に感動してしまいます。

この6年間、任天堂も頑張ってたんだなぁって...。(涙)

 

 

スプラ2のここが面白い!② 相手を倒したときの快感!

 

私はローラーというその名の通りローラー状をした武器を使っているのですが、

その殺意じみた棍棒で相手を思いっきり潰してころs...倒すときの快感が最高!!

 

リアル世界では総じて貧弱すぎる私ですが、

その反動もあってかゲームで力を手にした瞬間は興奮があります。笑

 

一瞬で完璧に敵を仕留めるのも楽しいし、

大激闘でギリギリまで追い込まれながら何とか倒すのも楽しい。

 

どんなゲームでもそうだけどやっぱキルするのは気持ち良い!!

 

 

スプラ2のここが面白い!③ ただひたすらに塗るだけでも楽しい!

 

スプラトゥーンは大体のゲームに存在するキルした方が勝ちという基本概念を打ち壊した

“塗った方が勝ち” という新感覚のルールが設けられた面白いゲーム。

 

なので初めてのプレイで全然キルできなくても十分に楽しめる!

 

自分も今でこそ慣れましたが

最初のチュートリアルをやってみた感想は「操作難しすぎじゃねぇか!?」でしたからねw

 

それでも塗って塗って、完璧主義だから隅々まで塗って。

ただそうしているだけでチームの勝利にも貢献できる!

 

また非常に鮮やかな色をしたインクで塗りたくっていくので

画面を見ているだけでも心が癒され、そして落ち着きます。

 

 

スプラ2のここが面白い!④ 自己満足的なやり込み要素もアリ!

 

自分も気付けばプレイ時間が100時間の大台を突破しましたが、

それでも全然飽きないようなやり込み要素があって面白い!

 

具体的に説明すると長くなるのでここでは省きますが、

一見 単純に見えても実はとにかく奥が深いゲームなんですね。

 

戦術や立ち回りもそうだし。

自分はそういうの全く勉強してないからいつも足手まといになっているが。笑

 

ちょっと高いしなぁ...という心配も不要!

その分 存分に楽しめるゲームです!楽しい!

 

 

スプラ2のここが面白い!⑤ 知っている方と一緒にプレイできる!

 

やっぱりこれが1番面白いかなぁ~。

 

フレンドコードという文字列を使って知り合いとフレンドになり、

そして一緒に遊ぶことができるのがこのスプラトゥーンの醍醐味!

 

野良(1人で対戦パーティーに入る状態)でやると

どうしても負けたときにストレスになったりしちゃうのですが、

フレンドさんと遊ぶときは勝っても負けても本当に楽しい!

 

〇〇さん倒した!とか 〇〇さんにやられた!とか。

語彙力なくて申し訳ないけどそれだけでめっちゃ楽しいんだよ。

 

 

スプラトゥーンのお陰で繋がりを持てた方も10人ほど居ます。

 

スプラトゥーンがあったからこその繋がり、

もっと言えばスプラトゥーンが無ければ生まれなかったかもしれない繋がり。

 

ゲームを甘く見ちゃいけないなぁ..と実感しましたね。

昨日は初めてSkypeで通話しながら一緒にプレイしたりもしました!緊張したけど楽しかったです!

 

 

ちなみに一応書いておくと、

私のフレンドコードは 474509765196 です! 

 

もし申請したよー!という方がいましたら

Twitterのリプ乃至DMやブログのコメントなどで伝えて頂けると

どなたかが確認できるのでよければお願い致します。

 

下手くそですが、一緒に楽しみましょう!!

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

f:id:Sakurachannel0530:20171006133040j:plain

 

以上、前置きの方に力を入れすぎて

メインにする筈だったスプラトゥーン2 の話が適当になった記事でしたw

 

現時点で8000文字!すごいね。(うち6000文字は前置きw)

 

 

Twitterを見たりしていると、

スプラトゥーン中毒で廃人と化してブログの更新頻度が下がったり

ブロガーの墓に行きかけて復帰記事で自己紹介から始める人がいたり...。笑

 

そんな様子を見た上でのスプラデビューだったので怖かったのですが、

今の時点ではそこまで熱中しすぎているってこともなく

ブログもそれなりに更新できてはいるので良い感じなのかなーと思っております。

1回ゲームを終えたあとの虚無感で死にたくなったことはあったが。笑

 

今後も上手く付き合っていけたらなーという感じですね!

 

スプラトゥーン最高!!

 

 

 

☆こんな記事も書いてます♪

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

読んだよ!を伝える☆とブックマーク、あとコメントもお願いします!^^

各種SNSでの共有・拡散もバンバンやっちゃって下さい!

読者登録や Twitter・Instagram のフォローも宜しく!

 

 

 

皆んなもこっちへおいでぇ...?スプラ楽しいよぉ...?(魔の手)